ちいみいの思い出

白ソックス猫探しています
仙台市若林区の実家で行方不明になりました
ブログ用ちゃびーカーテン
名前 ちゃびー
特徴 色はこげ茶、背中に縞模様はありません。白ソックスをはいたような手足
しっぽは細く長めです。ちょっと小柄な女の子。首輪はしていません。
 避妊済み。完全室内飼いです。
年齢 8歳(顔は童顔、幼児体型?)
遠くに行っている可能性があります。
見掛けた時、写真を撮っていただけると嬉しいです。





ごぶさたしております。

皆様からちいみいへの言葉、たくさんいただきました。
本当にありがとうございました。

ちいみいもきっと虹の橋の向こうで、喜んでいると思います。


コメントのご返事、遅れましてすみませんでした。
またご訪問もなかなかできず、申し訳なく思っています。
少しずつご訪問させていただきたいと思っています。


気がつけば、もう二週間も経ってしまいましたが…
8月20日(火)ちいみいを連れて、やすらぎ霊園に行ってきました。


朝からひどい雨が降っていました。

昨日までずっと晴れていたのに、
なんで今日に限ってこんなに雨が降るんだろう。
これはちいみいの涙雨?


とても重い気持ちで、霊園に向かいました。

それでも着いた頃には雨はほとんどやんでいました。
今年ここを訪れるのはもう3度目…
だけれども、こういう事って慣れるっていう事は決してないんですね。

いつもの霊園だけれども、今日は奥様は不在
癒し系のだんな様だけの、なんだか寂しいお別れ会


お骨を拾うとき、のどぼとけがとってもきれいに残っていました。
褒め上手なだんなさまが色々説明してくださって、
爪の一つ一つを拾ってくれて、りっぱな爪ですねとか、
長いしっぽですねとか、色々と褒めてくださいました。

ちいみいは煙になって、お空へ行ってしまいました。
これで本当にお別れ…
さようなら、ちいみい…
あらためてつぶやきました。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



考えてみれば、ちいみいの事、このブログにあまり載せたことがなかった。
今思えば、一年くらい前から、タンスの上などで、寝てばかりいて
だからあまり目立たず、具合が悪いのも気がつかなかった…


ちいみいが家に来たのは、1歳ちょっと過ぎてから
ちょっと大きくなってしまってからでした。
そしてその直後、

お母さん(ままちゃん)が育児放棄した、
「くろべえくん」「ちゃびーちゃん」「ゆきちゃん」を保護して、

またその一年後に
「みぃちゃん」「はなこちゃん」「のこちゃん」「くろたくん」がやってきた。


ちいみいはみんなを優しく迎えてくれて、一生懸命なめてくれて
なかなか溶け込まないみんなを安心させた。

男の子なのに、母性愛溢れるお母さんみたいだった。


でもちいみいだってまだ甘えたい歳頃だったはずなのに…
つい私達はちいみいに子猫たちを託してしまった。

その後、みんなの前ではちいみいは私達に甘えなくなった。
がまんしていたんだね。

でも、みんなのいない部屋に連れて行くと
ものすごく嬉しそうにのどを鳴らして、甘えてくれた。

本当は人一倍あまえんぼうな子だったんだろうなぁ

14年もいたのに、あまりかまってもあげられず、
あまりにもいい子だったから、
ぎゃくにこっちがちいみいに甘えてしまっていた。

ちいみい、本当にごめんなさい。
きっと寂しかったよね。
写真を振り返ってみると、
どの写真も、なんだか寂しそうなお顔をしているもの…


いろんなちいみい-500


そういえば、ちゃびーとのツーショットもあった。
網戸越しなのが残念だった。



ちいみいとちゃびーツーショット-1

何気なく撮った写真だけど…
こういう写真も、もう二度ととれないんだね。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



ちいみいの小さい頃の写真を探してみたけれど
ほとんど見つからず


ちいみいの子供の頃 文字入り-100

この二枚だけでした。
ぼけぼけ写真です。
でもすごく大事な写真…


ちいみいの兄弟たちの写真もみつかりました。
お母さんの姿もあります。
ちいみいは一番右端で、後ろを向いています。

兄弟たちは、野生的でなかなか保護できず
真ん中のしろちゃんは、早くにお空に逝ってしまい…
ちいみいだけ、保護に成功しました。


ちいみいの兄弟たち-150



ちいみいのおかあさん-100

ちいみいのお母さんは、今も元気で暮らしています。
実家から5軒ほど向こうの家でご飯をもらって、住み着いているようです。

その家の方が
「このネコは雌なんだけど、子供を産まないんだ」と
不思議そうに話していました。

そう、あたりまえです。
私たちが避妊しちゃったんですもの、
ワクチンだってちゃんとしたし…

せめてお母さんが元気なのが救いです。
現在推定16歳くらいです。

ごめんなさい、お母さん、
ちいみいを先に逝かせてしまって…
お母さんには、ちいみいの分も長生きして欲しいです。


そうそう、ちいみいの名前ですが、
その時すでに家にいた「みーなんたん」に似ていて、
小さかったので、

「ちっちゃいみーなん」 = 「ちいみい」

となったんです。


「ちいみい」も「みーなんたん」も、今年虹の橋を渡ってしまいました。
一つの時代が終わったな…… と感じてしまいました。


今は、喪失感でいっぱいです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



いつもご訪問、コメントありがとうございます。
しばらくの間、ご訪問、コメントのご返事遅れます。
そして、のんびり更新です。
すみませんが、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ちいみいちゃん 安らかに・・・

14年間 みんなに優しかったんだね
いい子だった ちいみいちゃん
写真からも 優しさが伝わってきます

今年でもう 3度も霊園を訪れ 
ちゃびmamaさん 大変でしたね 
それに どんなにお辛かった事でしょう
大丈夫でしょうか・・・?  
あまり ご無理なさらずに ゆっくり 
ゆっくり 心を休めて下さいね

改めて ちいみいちゃんのご冥福をお祈りいたします                   

No title

判ります……。
決してぞんざいに扱っているのではないのですが、
大人しくて健康な猫には、人間側がつい甘えてしまいますよね。
私もいつもそうです。反省です。

記事を拝見すれば、ちゃびmamaさんがちいみいさんを大切に思っていたのは一目瞭然ですし、ちいみいさんは幸せな猫さんだったと思います。
でも、一番近くにいて、一番ちいみいさんを愛していたちゃびmamaさん。
どうしても悔いは残ってしまいますよね。

少しでも食べて、できるだけ体を休めるようにしてくださいね。
優しいちいみいさんなので、ちゃびmamaさんが深く落ち込んでいると知ったら、悲しいと思います。

No title

ちいみいちゃんにとって
ママさん家族と過ごした14年は
きっと幸せな時間だったと思います
だって どれもこれも良いお顔してますよ
大家族の家長的存在で
みんなを守ってくれてたんですね
ほんとうに優しい良い子だったんですね

ちぃみぃちゃんはママさんの思い出の中に
いつまでも一緒
それだけで幸せだと思います
思い出してあげるのが供養です

ちいみいちゃんの写真が見れて
思い出話が出来るようになったのは
少しは落ち着いて来たのでしょうか・・・・

また会おうね ちいみいちゃん

こんにちは

そうだね。
立て続けにお別れが続くと気持ちもめいるよね。
辛くなるよ。

ちゃびーとちいみいのツーショットってお宝映像だね。

ちゃびママもあんまり自分を責めないでね。
ちいみいはきっとそんな事思って無いよ。
一緒に暮らせた事が宝物なんだから。

時間をかけて少しづつでも元気を出して行ってね。

No title

別れが続いてほんとうに辛いですよね。。
私もここ8年ほど、毎年のように別れが続きました。
仲間を呼ぶのか、一年の間に立て続けに3匹も・・
という年が2回もありました。
泣かなかった年は2006年と2008年だけです。

ちゃびmamaさん、もう少し泣いてもいいですよ。
でももう少し・・だけ。。
いつまでも悲しんでばかりいたら、
ちいみいちゃん、安心してお空で遊べません。。
ちいみいちゃんはじゅうぶんに幸せだったと思います。
ちゃびmamaさんに感謝してるはずです。

いつか笑顔でちいみいちゃんのことを語れる日がやってくると思います。
ただし、笑いながら泣きながら・・でしょうけど。

ちいみいちゃん、ちゃびmamaさんのこと、これからも空から見守ってね!

No title

ちいみいちゃん本当に優しくていい子だったんですね。
穏やかで可愛らしいお写真を拝見していると
ちいみいちゃんはちゃびmamaさんに愛されて
とっても幸せだったんだなと思います。
でもやっぱり後悔ってありますよね…
別れが続いて本当にお辛いと思いますがご無理なさらないで下さいね。

ちいみいちゃんの子供の頃のお写真すっごくすっごく可愛いです!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: panther 375さんへ

コメントありがとうございます。
返事遅れてすみません

ちいみいの写真は、数が少ないです。
全ての写真を見て、探して見ましたが、昔の写真もあまりなくて
愕然としてしまいました。
最近の写真は具合が悪そうなものが多くて、
こんなに元気がなかったのになんで気付かなかったのかと
涙が出てしまいました。
それでもちいみいらしい優しいお顔の写真を見つけて
思い出に浸りました。
みーなんたん、まめ太ちゃんと、続いたので、
まさかちいみいがこんなに悪い病気にかかっていたなんて
思いもしませんでした。
ちいみいに申し訳ないとの後悔の気持ちばかりが浮かんできます。

お気遣いありがとうございます。
ちいみいのためにも何とか前を向いて歩きたいと思っています。

Re: toukoさんへ 

コメントありがとうございます。

こうして振り返ってみると、
ちいみいはあんまりにも手のかからない子だったので、
具合が悪い事にもなかなか気付きませんでした。
なんでもうちょっと早くと悔やまれるのですが、
今となっては遅すぎますね…

toukoさんがおっしゃるとおり、ちいみいのためにも、
早く気持ちを落ち着かせたいのですが、
写真を見るたび、ブログを見るたび、何かあるたび
思い出しては涙が出てきます。
でも、少しずつ前を向いて歩いて行きたいと思っています。

toukoさんも、ナツコちゃんの事で大変な中、
お気遣い、本当にありがとうございます。

Re: いたずらっこさんへ 

コメントありがとうございます。

ちいみいはあんまり優しすぎて
いつも私達を癒してくれたのに、
私は何にもしてあげられなかった。
こんな病気にかかっていたのに、気付いてあげられなかった。
何度思い出しても、悔しさばかりがこみ上げてしまいます。

ちいみいの幸せそうなお顔ばかりを思い浮かべるには
まだまだ時間がかかりそうです。
でも頑張って前を向いて行こうと思っています。

Re: クリちゃんへ 

コメントありがとう。

ちゃびーとちいみいのツーショット
本当にお宝写真だと思う。

ちいみいは辛い状況の中なのに、
一生懸命「僕は大丈夫だよ」って言ってくれたけど、
私は自分がゆるせなくて…
もっと早ければ何とかなったかもしれないって
ちいみいの事を思い出すたびに涙が出てくるよ。

一緒に暮らした日々は、宝物。
そういってくれてありがとう。
本当にそうだよね。
ちいみいには感謝の気持ちでいっぱいだよ。

でもそれを、いい思い出にするには
まだまだ時間が必要だと思うけど、
ちいみのためにも少しずつそうできるように頑張るね。

Re: woobeeさんへ 

コメントありがとうございます。

woobeeさんもお辛い体験をたくさん経験してるんですね。
たくさんの子達に関わると、癒される分、亡くなった時の辛さも
たくさんになりますよね。

おっしゃるとおり、ちいみいは私を許してくれていると思います。
本当に本当に優しい子だったから…
私はちいみいのために何にもしてあげられなかったのに…
だからよけい悲しくなってしまいます。

笑顔でちいみいの事を話せるまで、
まだまだ時間がかかりそうです。
だから、少しずつ、少しずつ…、頑張りたいです。

Re: きりりんさんへ 

きりりんさんも、お辛い中
コメントありがとうございます。

子供の頃の写真、褒めてくださってありがとうございます。
こんなぼけぼけ写真だけど、私の宝物です。

ちいみいは優しすぎるくらい優しい子で、
病院では女の子に間違えられるほどでした。
新しい先生も、みんながいやがる検査をするとき、
全然暴れもしないちいみいに恐縮して、
「ごめんなさいね。こんないやな検査ばっかりして…」
と謝っていました。

あまりに優等生の性格だったので、
具合が悪くても我慢していたのかもしれません。
おかしいと気付くのが遅かった。
しかもヤブ医者にかかってしまって…
今も後悔の気持ちでいっぱいです。

それでも、きりりんさんが、
「ちいみいちゃんはは幸せだったと思う」とおっしゃってくださった事に
すごく救われた思いです。
ありがとうございました。
カレンダー
こんにちは
猫 探しています!

あたち、ちゃびーです。
お母さんが、いっしょうけんめい探してくれているけど、
あたちは、すぐ隠れるくせがあるから、
いまだ見つかってないの。
早く見つけてくれるのを待ってるわ。

黒猫クロック
プロフィール

ちゃびmama

Author:ちゃびmama
FC2ブログへようこそ!

探しています!
迷子の猫ちゃん達です。 ご協力お願いします。
くるみちゃん-2
くるみちゃん
詳しくは「harukururin」さんの
ブログとらべーじゅしらすちゃん-1
しらすちゃん
詳しくは「するる」さんの
ブログ迷子の白い猫しらすトラちゃん-222
トラちゃん
(オス 7歳)
仙台市若林区荒井で行方不明に
黒と茶の縞模様
首輪なし
去勢していません。
詳しい事は→をクリック
連絡先は
tora0325☆gmail.com まで (☆→@)
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード